金属系屋根
窯業系屋根
断熱防水
ホーム > 屋根工事 > 金属系屋根 > タイシンルーフタテ

タイシンルーフ タテ

直立したシンプルなラインが美しい成型一体型のたてひらぶき工法

屋根の基本機能である雨仕舞と強度、効率化とともに美しさを追求しました。

優れた耐久性

屋根材には錆びにくいガルバリウム鋼板を使用。
本体は重量も1平方メートルあたり約4kgと軽く家屋への負担が少ない。
また、一般の瓦棒葺とは異なり心木として木材を使用しない為耐久性にも優れています。

緩勾配に強い!5分から対応 悪天候にも安心な一体型ハゼ構造

嵌合部は強風や豪雨、毛細管現象などの雨仕舞に対処した信頼できるハゼ構造です。
水上から軒先までの一体成型により5分の緩勾配から対応可能です。住宅の大屋根はもちろん勾配の緩い下屋根にも漏水の心配なくお使いいただけます。

断熱効果と遮音に有効な施工体制

下葺き材(ルーフィング)の上に4mmポリフォームを敷設しタイシンルーフタテを設置すれば断熱効果と結露の防止、そして遮音性がさらにあがります。

板厚 0.35mm〜0.5mm
働き幅 333mm
原板幅 914mm/2条取り
屋根の勾配 5/100以上
有効曲げ半径 最小3mmR以上(横サザ波使用)
使用材料 月星GLカラー、ガルバスター
カラーソフテン、フッ素樹脂鋼板
他各種鋼板

豊かな表現力

鋼板のカラーバリエーションも豊富です。
また、屋根材の表面に縦・横のさざ波やリブ加工を行うことで屋根面の強化および意匠効果、板鳴り現象防止にもなります。

施工例