金属系屋根
窯業系屋根
笠木
エキスパンション
断熱防水
ホーム > 屋根材 > 金属系屋根 > タイシンルーフ DX > 特徴

タイシンルーフ DX





信頼できる屋根材

タイシンルーフ DXの表面及び曲げ加工部における変退色・白亜化・はくり等に対し30年の保証書を提出することが出来ますので、ご相談下さい。

タイシンルーフ DXは、不燃材料のフロールボンド〔不燃材料NM-0715〕を使用していますので、木造住宅はもちろん、鉄骨造・鉄筋コンクリート造にも幅広い範囲で使用できます。

タイシンルーフ DXは、連続ロール成型品であり雨水の流れる方向のタイル間の継目は少なく雨仕舞が有利です。 また各部の納まりについても(財)建材試験センターでテストを行い、2寸勾配の屋根でも平均風速40m/秒に相当する風圧力、1時間当たり240个留量という苛酷な条件に対し雨水の浸入しないことが確かめられています。

超耐久性フッ素樹脂フィルムラミネート鋼板(フロールボンド)を使用

タイシンルーフ DXは塗装でなく、超耐久性フッ素樹脂フィルムラミネート鋼板を使用。
曲げ加工、耐久性に優れ、100年住宅に対応します。

» 詳細はこちら(PDF)


■曲げ加工に優れた

フロールボンドの表面仕上げ「テドラー」は、100%フッ素樹脂フィルムで膜厚は38ミクロンと厚く(塗料鋼板は通常20ミクロン)また抜群の伸び性をもっています。このため、フロールボンドは荷酷な曲げにもクラックを発生しません。

■加工部の耐食性にも優れています。

エリクセン試験後、食塩水5%・1,000時間塩水噴霧試験を実施